大麻を正しく考える国民会議 -大麻草を検証するサイト 大麻は麻薬ではありません。良質の繊維や油が取れ、医療分野でも活用が期待されています。

高樹沙耶氏、武田邦彦教授らが大麻が脳に悪影響の報道に異議

高樹沙耶氏、武田邦彦教授らが大麻が脳に悪影響の報道に異議

高樹沙耶

「新党改革」から参議院選・東京選挙区で出馬し、落選した元女優の高樹沙耶氏が、裏でうごめく大きな力の存在を明かした。
同氏は各党がアベノミクスの是非や改憲問題などを取り上げるなか、ひたすら医療用大麻の推進を力説。しかしその訴えは届かず、玉砕した。

敗因について高樹氏は「私だけがひとり、別の問題で突っ走っていた感じなので(笑い)。医療用大麻の話は時期尚早と思っていた部分はある」と述懐。
18歳以上に選挙権が認められたこともマイナスに働いた。「高校生は『麻薬はダメ、ぜったい』と教わっていますからね。私の話を聞いたら混乱してしまうし、先生に聞いたらやっぱり『ダメだ』となるでしょうし」 
それほど「大麻」というワードを前面に押し出す選挙戦はハードルが高かった。 

一方で高樹氏は“大きな力”の存在も示唆。選挙期間中の先月30日、大阪大学・木村文隆准教授のグループが、大麻や危険ドラッグに含まれるカンナビノイドが脳内の神経回路に悪影響を与えることを発表した。 

高樹氏はカンナビノイドの有効性を訴えてきただけに、有権者の頭の中はパニック。これに同氏は「大阪大が指しているのは合成麻薬。脱法ハーブと同じですから、そりゃあ体に悪いですよ。私が言っているのは天然の大麻。全くの別物です。しょせん、大阪大の先生は世界教授ランキングで58位ですから! ハーバード大学(米国)は医療用大麻はいいと言っています」と猛反論する。 

それどころか「このタイミングで(報道が)出るんですから、そういうことなのかなって」と、何らかの力が働いたと感じたようだ。 
先月24日には元俳優の高知東生容疑者が覚醒剤取締法と大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕された。大麻のイメージダウンが相次いだことに、高樹氏は「世の中、良くならないようにできてる…」とポツリ。 

【2016年7月12日 東スポ】


中部大学の武田邦彦教授は、報道バラエティ「虎ノ門ニュース8時入り!」の中で、大麻のカンナビノイドが脳の神経回路に悪影響もたらすという木村准教授らの発表に対して、このように異議を唱えた。

「あなたはまさかお酒を飲んでいないでしょうね、と僕は木村准教授に言いますよ。だって、アルコールを同量マウスに打ったら死にますよ!
アルコールを打ったら死にましたが大麻を打ったら脳神経だけが破壊されて済みました、こう言うと全然違うでしょう。
科学が社会に出る時に、科学者は(言い方を)十分に注意しなければならない。
もっと厳しく言えば、『カンナビノイドとよく似た合成物質』とあるが、化合物というのは1個違っただけで全然違います。」


関連記事
末期癌患者が起こした医療大麻裁判
http://www.taimasou.jp/index.php?QBlog-20171028-1
大麻には脳神経細胞の破壊を抑制し認知症予防の効果がある(米国研究機関)
http://www.taimasou.jp/index.php?QBlog-20160727-2


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional