大麻草を検証するサイト。大麻は麻薬ではありません。良質の繊維や油が取れ、医療分野でも活用が期待されています。

大麻草の栽培免許取得に挑戦したい方へ

大麻草の栽培免許取得に挑戦したい方へ

栽培免許を取りたい方は、まず、農地の確保を行い、栽培目的を定めて、生産物の利用方法を明確化する必要があります。
大麻取扱者免許の窓口は各都道府県の薬務課(県によって名称が若干異なります)が窓口ですが、多くの場合は門前払いをされてしまいます。

Q1 栽培に向けた準備には何が必要ですか?
A1 申請書をもらう前に門前払いを受けたないためにも、しっかりとした準備が必要となります。
1)栽培予定の農地の確保 
2)栽培目的(種子の利用 または、繊維の利用)
3)生産物の利用方法の明確化 (取引先の依頼状など)
4)盗難対策(道路から見えない場所にある、柵を設置するなど)
5)生産物以外の葉や花の処分方法
これらの中で、栽培の目的と生産物の利用方法が最も重要です。麻の実あるいは繊維のどちらを利用した事業を行うのか、それを誰に販売するのかまで、事業計画書のようなものをつくる勢いで検討することが大切です。
これらの概要が決まると、窓口に訪問して交渉することができます。申請する際には、医師の診断書が必要になります。

Q2 播種用の種子はどこで入手できますか?
A2 農協や種子会社や農水省の外郭団体のジーンバンク(種子銀行)にお問い合わせをしても入手することはできません。播種用の種子は、既存の大麻取扱者免許の取得者からもらうことができます。これは免許交付後に受け取ることができます。

Q3 大麻草はいつ頃、種まきをするのですか?
A3 大麻草は、春に種をまき、100日で3mにも生長する作物です。お住まいの地域で山桜が咲く頃が播種時期となります。  

Q4 どれぐらいの栽培面積が必要ですか?
A4 日本の伝統的な繊維用の栽培では、2~3反(20~30アール)=0.2~0.3ha(ヘクタール)ですが、最近の免許許可が下りている面積は、1反(約300坪、約1000㎡)未満です。

Q5 大麻農業について詳しい資料や本はありませんか?
A5 中山康直著「奇蹟の大麻草」には、免許取得に関する解説記事があります。
その他、こちらをご参照ください。
市販されている参考図書の一覧  

Q6 免許を取得したいのですが、個人指導をしていただくことは出来ますか?
A6 栽培許可が下りやすい地域とそうではない地域があります。また、収穫した大麻草はご自身で製品または半製品までに加工する必要がありますので、その設備も必要です。
所在地や資金面を審査させていただいた上で、可能性のある場合にはしかるべき専門家にお繋ぎさせていただきます。。
現在のところ栽培を希望する人の数に対してコンサルできる人が少ないという状況にあるため、ご希望に添えないこともあります。
農地を確保されていて、資金的にもある程度の余裕のある方が優先となります。地域的には栃木県在住の方は優先させていただきます。





最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional